FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土用の丑の日

二十四節気「大暑」まであと三日ですが、今年はすでに梅雨明けから夏本番がやってきています。
路面近くの手元の温度計が40℃を超える日が続いています。

さて、今日7月20日は、土用の丑の日で、スーパーやお惣菜屋さんには、鰻の蒲焼きが並んでいることでしょう。

「土用の丑の日」についてお話ししてみます。

まず「土用」とは

万物を木・火・土・金・水・に当てはめる五行思想では、春は木、夏は火、秋は金、冬は水が割り当てられています。
残る土は、各季節の変わり目に割り当てられ、立春・立夏・立秋・立冬の直前約18日を「土用」といいます。
五行相関図の下の表に五季として表示しています。

4五行相関図2018

今年2018年は、
冬の土用 1月17日(水)~2月3日(土)
春の土用 4月17日(火)~5月4日(金)
夏の土用 7月20日(土)~8月6日(月)
秋の土用 10月20日(土)~11月6日(火)

二十四節気2018_01

この期間中に巡ってくる「丑」の日が、「土用の丑の日」ということになります。
一般的には、「夏の土用の丑の日」と思われがちですね。

そして「丑の日」とは

日本では年ごとの十二支が決まっているのは、皆さんご存じですが、日にも十二支があります。
子ね・丑うし・寅とら・卯う・辰たつ・巳み・午うま・未ひつじ・申さる・酉とり・戌いぬ・亥いが順番に割り当てられ12日間で一区切りが繰り返されます。

土用の期間が約18日間ですので、1回ないしは2回丑の日がやってきます。

2018年の土用の丑の日を見てみましょう。

冬の土用1月21日、2月2日、
春の土用4月27日、
夏の土用7月20日、8月1日、
秋の土用10月24日、11月5日

今年の夏は、土用の丑の日が2回巡ってきます。
スポンサーサイト

二十四節気「小寒」初候「芹乃栄(せり すなわち さかう)」

二十四節気「小寒」

七十二候初候「芹乃栄(せり すなわち さかう)」

そして 七草粥


二十四節気は「小寒」に入りました。
暦便覧では「冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也」と記されています。
寒の入りですね。春の節分までが、「寒の内」です。
実際の天気も、一気に冬が深まったようです。

七十二候で、この節気の初候は、「芹乃栄(せり すなわち さかう)」です。
芹(セリ)が盛んに生える時季ということです。

聖徳太子の四番目の妃である膳大郎女(かしわでのおおいらつめ)は、聖徳太子が斑鳩に行った時、芹(せり)を摘んでいる少女に一目惚れし、彼女を娶ったという逸話から芹摘姫という別名があります。

芹は、数少ない日本原産の野菜で、正月7日にいただく七草粥には、筆頭にあげられています。

七草は、
1月1日・元旦の酉(とり・鶏)
1月2日を戌(いぬ・狗)の日
1月3日を亥(い・猪)の日
1月4日を未(ひつじ・羊)の日
1月5日を丑(うし・牛)の日
1月6日を午(うま・馬)の日
1月7日を人日(じんじつ)すなわち人の日であることから、
日本の古来からの風習である「若菜摘み」と中国の「「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」が合わさって、1年間の無病息災を祈って七草粥を食べる習慣が広まったといわれています。

現在の七草に定着したのは、室町時代以降のことだそうですが、「芹」だけは、古事記に記され、万葉集にも詠われ、古来から親しまれています。
清らかな白い根で『根白草』とも呼ばれ、神事の食材にも用いられてきました。

独特の香りは、精油成分で、カンフェン、β-ピネン、ミリスチン、カルバクロール、オイゲノール、シンナミルアルコール、植物アルカロイドといった成分を含みます。
これら精油成分には食欲の増進や血圧の低下、血流の促進、鎮静や解熱、解毒作用が期待されていますが、さらに、ストレスに対する抵抗性も高める効能があると言われています。また、栄養成分にβ-カロテン、ビタミンB2・C、カルシウム、鉄分などの栄養素を主に含み、胃や肝機能を整えたり、血液中の老廃物やコレステロールを排出して浄化する効果が高い食材といえます。

春の七草には、無病息災を祈るにふさわしい、期待される薬効があります。

1.芹(セリ)

胃を丈夫にして、造血作用を高め、貧血を防ぎ、血圧を正常に保ち、発汗を促し、解熱や解毒の作用があり、冷え性を改善して、美肌づくりに効果があります。
また、神経痛やリューマチをやわらげ、皮膚ガンを起す紫外線の影響を抑える効果も期待されています。

2.薺(なずな・ぺんぺん草)

血中の余分な熱を取り除き、各種の出血を止め、熱病を改善して、腎臓の炎症や水腫(むくみ)・排尿困難などを解消させ、肝機能を促して視力の低下や筋肉疲労を回復し、頭のふらつき、目の充血の改善と予防に効能があります。
また、全草を生のまま煎(せん)じて飲むと、女性の生理不順や生理痛にも有効とされています。

3.御形(ごぎょう・母子草)

風邪やインフルエンザによる発熱や目の充血、鼻づまり、頭痛、気管支炎などを改善させ、痰を除去して視力を回復し、扁桃腺炎や胃炎を鎮静させる効能があります。
また、抗菌作用にも有効とされています。

4.繁縷(はこべら・はこべ)

解毒、利尿、催乳を促進させることから特に妊婦の腹部の痛みと腫塊(しゅかい)に適しています。
その他、急・慢性の虫垂炎の改善と予防に効能があります。

5.仏の座(小鬼田平子こおにたびらこ)

身体の余分な熱を取り除き、解毒を促し、小児の麻疹(はしか)が早く出て、早く解消するよう促進させ、併発症を防ぐ効果があります。
また熱による腫物と吹き出物の予防と改善にも効能があります。

6.菘(すずな・蕪かぶら)

胃腸の働きを活発にし食欲を増進して、血栓を防ぎ、高血圧の予防や貧血の改善と美肌づくりに役立ち、解毒作用があり、ガンの予防にも期待できます。

7.蘿蔔(すずしろ・大根)

胃腸の働きを助けて消化を促進し、胸やけや胃もたれを防ぐほか、二日酔いの緩和に効果があり、骨や歯を丈夫にして、ストレスやイライラを解消し、血栓を防ぎ、免疫力を高めて丈夫な体をつくり、ガンの予防にも期待できます。

平成30年の七十二候

平成30年(2018年)の七十二候

二十四節気は半月ごとの季節の変化を示しますが、これをさらに5日ずつにわけて、気象の動きや動植物の変化を知らせるのが七十二候で、これも古代中国で作られました。古代のものがそのまま使われている二十四節気に対し、七十二候の名称は何度も変更されています。日本でも、日本の気候風土に合うように何度か改訂されました。1874(明治7)年の「略本暦」では、それまでと大幅に異なる七十二候が掲載され、現在ではこの七十二候が使われています。

2018年(平成30年) 七十二候
月 日 二十四節気 七十二候と読み方
1月5日 小寒 寒気稍強し
1月 5日~ 1月9日 初候 芹乃栄(せりすなわちさかう)
1月10日~ 1月14日 次候 水泉動(しみずあたたかをふくむ)
1月15日~ 1月19日 末候 雉始鳴(きじはじめてなく)
1月20日 大寒 厳寒を感ず
1月20日~ 1月24日 初候 欸冬華(ふきのはなさく)
1月25日~ 1月29日 次候 水沢腹堅(さわみずこおりつめる)
1月30日~ 2月 3日 末候 鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)
2月4日 立春 春の気始めて立つ
2月 4日~ 2月8日 初候 東風解凍(はるかぜこおりをとく)
2月 9日~ 2月13日 次候 黄鴬見睨(うぐいすなく)
2月14日~ 2月18日 末候 魚上氷(うおこおりをのぼる)
2月19日 雨水 氷雪解け雨水温む
2月19日~ 2月23日 初候 土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)
2月24日~ 2月28日 次候 霞始靆(かすみはじめてたなびく)
3月 1日~ 3月5日 末候 草木萌動(そうもくめばえいずる)
3月6日 啓蟄 冬篭りの虫声を啓く
3月 6日~ 3月10日 初候 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)
3月11日~ 3月15日 次候 桃始笑(ももはじめてさく)
3月16日~ 3月20日 末候 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)
3月21日 春分 春の最中夜昼平分
3月21日~ 3月25日 初候 雀始巣(すずめはじめてすくう)
3月26日~ 3月30日 次候 櫻始開(さくらはじめてひらく)
3月31日~ 4月4日 末候 雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)
4月5日 清明 草木清明風光明媚
4月54日~ 4月9日 初候 玄鳥至(つばめきたる)
4月10日~ 4月14日 次候 鴻雁北(こうがんかえる)
4月15日~ 4月19日 末候 虹始見(にじはじめてあらわる)
4月20日 穀雨 百穀春雨に潤う
4月20日~ 4月24日 初候 葭始生(あしはじめてしょうず)
4月25日~ 4月29日 次候 霜止出苗(しもやみてなえいづる)
4月30日~ 5月4日 末候 牡丹華(ぼたんはなさく)
5月5日 立夏 夏の気始めて立つ
5月5日~5月10日 初候 蛙始鳴(かわずはじめてなく)
5月11日~ 5月15日 次候 蚯蚓出(みみずいずる)
5月16日~ 5月20日 末候 竹笋生(たけのこしょうず)
5月21日 小満 陽気盛万物稍満足す
5月21日~ 5月25日 初候 蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)
5月26日~ 5月30日 次候 紅花栄(べにばなさかう)
5月31日~ 6月 5日 末候 麦秋至(むぎのときいたる)
6月6日 芒種 麦を納め稲を植う
6月6日~ 6月10日 初候 蟷螂生(かまきりしょうず)
6月11日~ 6月15日 次候 腐草為螢(くされたるくさほたるとなる)
6月16日~ 6月20日 末候 梅子黄(うめのみきばむ)
6月21日 夏至 夏の最中日北上の極
6月21日~ 6月26日 初候 乃東枯(なつかれくさかるる)
6月27日~ 7月 1日 次候 菖蒲華(あやめはなさく)
7月2日~ 7月 6日 末候 半夏生(はんげしょうず)
7月7日 小暑 やや暑熱を催す
7月 7日~ 7月11日 初候 温風至(あつかぜいたる)
7月12日~ 7月17日 次候 蓮始開(はすはじめてひらく)
7月18日~ 7月22日 末候 鷹乃学習(たかすなわちわざをならう)
7月23日 大暑 蒸熱酷暑を感ず
7月23日~ 7月27日 初候 桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)
7月28日~ 8月 1日 次候 土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)
8月 2日~ 8月6日 末候 大雨時行(たいうときどきおこなう)
8月7日 立秋 秋の気始めて立つ
8月 7日~ 8月12日 初候 涼風至(すずかぜいたる)
8月13日~ 8月17日 次候 寒蝉鳴(ひぐらしなく)
8月18日~ 8月22日 末候 蒙霧升降(ふかききりまとう)
8月23日 処暑 暑気退かんとする
8月23日~ 8月27日 初候 綿柎開(わたのはなしべひらく)
8月28日~ 9月 1日 次候 天地始粛(てんちはじめてさむし)
9月 2日~ 9月 7日 末候 禾乃登(こくものすなわちみのる)
9月8日 白露 気界冷露白し
9月 7日~ 9月12日 初候 草露白(くさのつゆしろし)
9月12日~ 9月17日 次候 鶺鴒鳴(せきれいなく)
9月18日~ 9月22日 末候 玄鳥去(つばめさる)
9月23日 秋分 秋の最中昼夜平分
9月23日~ 9月27日 初候 雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)
9月28日~10月 2日 次候 蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)
10月 3日~10月 7日 末候 水始涸(みずはじめてかるる)
10月8日 寒露 気寒く露草重し
10月 8日~10月12日 初候 鴻雁来(こうがんきたる)
10月13日~10月16日 次候 菊花開(きくのはなひらく)
10月18日~10月22日 末候 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)
10月23日 霜降 霜結んで厳霜白し
10月23日~10月27日 初候 霜始降(しもはじめてふる)
10月28日~11月1日 次候 霎時施(こさめときどきふる)
11月2日~11月6日 末候 楓蔦黄(もみじつたきばむ)
11月7日 立冬 冬の気始めて立つ
11月7日~11月11日 初候 山茶始開(つばきはじめてひらく)
11月12日~11月16日 次候 地始凍(ちはじめてこおる)
11月17日~11月21日 末候 金盞香(きんせんかさく)
11月22日 小雪 寒く少し雪降る
11月22日~11月26日 初候 虹蔵不見(にじかくれてみえず)
11月27日~12月 1日 次候 朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)
12月 2日~12月 6日 末候 橘始黄(たちばなはじめてきばむ)
12月7日 大雪 天地閉塞雪降る
12月 7日~12月11日 初候 閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)
12月12日~12月16日 次候 熊蟄穴(くまあなにこもる)
12月17日~12月21日 末候 鮭魚群(さけのうおむらがる)
12月22日 冬至 冬の最中日南下の極
12月22日~12月26日 初候 乃東生(なつかれくさしょうず)
12月27日~12月31日 次候 麋角解(さわしかのつのおつ)
1月1日~ 1月5日 末候 雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる)

平成30年の二十四節気

平成30年の二十四節気

平成30年(2018年)の二十四節気

平成30年1月~平成31年1月(2018年1月~2019年1月)の二十四節気
東洋医学は天人合一説、「人体は自然界の変化の刺激を受け環境により生かされて密接に関わり合いながら一つの生命体として存在しいる」という考えを基本にしています。
孔子の時代の中国の農業暦には、「二十四節気」という考えを基本に農作業を行ってきました。

二十四節気とは太陽が、見かけ上、地球の周囲を1周するのを1年としてそれを24分割したものです。
月の移動を基本にする旧暦(太陰暦)では、気候的にずれが生じるので、農作業の実情にはあわないのです。

※地球は,太陽から約1億5千万キロ離れたところを1年かけてまわっています。
これを地球から観察すると,太陽が1年で天球上を1周しているように見えます。
見かけ上、太陽が天球を1周するとき通る軌道を黄道(こうどう)と呼びます。
地球の赤道を天球にまで延長した円を、「天の赤道」と呼びます。
天球図


孔子たちはこの二十四節季ごとに人間のいろいろな事が変化することに気づいていました。
つまり、季節、気候によって、「気」「血」「水」の流れや、陰陽のバランスなどが変わっていくということです。すなわちそれに伴って、必要な食事や、治療方針を変化させながら対応するということになります。

春…立春から立夏の前まで
夏…立夏から立秋の前まで
秋…立秋から立冬の前まで
冬…立冬から立春の前まで

立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨、立夏、小満、芒種
夏至、小暑、大暑、立秋、処暑、白露、秋分、寒露、霜降
立秋、小雪、大雪、冬至、小寒、大寒、立春、

夏至・冬至・春分・秋分の四つを「二至二分(にしにぶん)」立春・立夏・立秋・立冬の四つを「四立(しりゅう)」と呼びますが、これらの八節気は、天文学的に、春分点を起点として八等分されていて、実際の季節とは、かなりずれがあります。
他の節気は、気候に合わせて名前が付けられていると思われます。

それでも、実際には日本の気候とずれが生じるのは、二十四節気が、古代中国の黄河中流域で発祥したものを、そのまま使っている事が原因ではないかと思います。

二十四節気「小雪」:次候「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」

二十四節気「小雪」:次候「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」

二十四節気「小雪」は、次候に入りました。
「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」と記されています。
落ち葉

主に秋から冬にかけて、一時的に降ったり止んだりする雨を「時雨(しぐれ)」といいますが、風が吹く度に止めどなく舞い落ちる木の葉を「落ち葉時雨」というそうです。
今年の奈良公園の紅葉は、例年より早く一段落したようです。

漢方薬や、入浴剤、衣類の工夫など、本格的な寒さに備えて、準備しましょう。

■二十四節気は、一年を春・夏・秋・冬の季節に分け、それぞれをさらに6分割した24の期間に名前をつけたものです。現在でも季節の節目を示す言葉として使われています。

■七十二候とは、二十四節気をさらに5日ずつにわけて、気象の動きや動植物の変化を知らせるものです。古代のものがそのまま使われている二十四節気に対し、七十二候の名称は何度も変更されています。日本でも、日本の気候風土に合うように何度か改訂されました。1874(明治7)年の「略本暦」では、それまでと大幅に異なる七十二候が掲載され、現在ではこの七十二候がつかわれています。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。