スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成30年の二十四節気

平成30年の二十四節気

平成30年(2018年)の二十四節気

平成30年1月~平成31年1月(2018年1月~2019年1月)の二十四節気
東洋医学は天人合一説、「人体は自然界の変化の刺激を受け環境により生かされて密接に関わり合いながら一つの生命体として存在しいる」という考えを基本にしています。
孔子の時代の中国の農業暦には、「二十四節気」という考えを基本に農作業を行ってきました。

二十四節気とは太陽が、見かけ上、地球の周囲を1周するのを1年としてそれを24分割したものです。
月の移動を基本にする旧暦(太陰暦)では、気候的にずれが生じるので、農作業の実情にはあわないのです。

※地球は,太陽から約1億5千万キロ離れたところを1年かけてまわっています。
これを地球から観察すると,太陽が1年で天球上を1周しているように見えます。
見かけ上、太陽が天球を1周するとき通る軌道を黄道(こうどう)と呼びます。
地球の赤道を天球にまで延長した円を、「天の赤道」と呼びます。
天球図


孔子たちはこの二十四節季ごとに人間のいろいろな事が変化することに気づいていました。
つまり、季節、気候によって、「気」「血」「水」の流れや、陰陽のバランスなどが変わっていくということです。すなわちそれに伴って、必要な食事や、治療方針を変化させながら対応するということになります。

春…立春から立夏の前まで
夏…立夏から立秋の前まで
秋…立秋から立冬の前まで
冬…立冬から立春の前まで

立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨、立夏、小満、芒種
夏至、小暑、大暑、立秋、処暑、白露、秋分、寒露、霜降
立秋、小雪、大雪、冬至、小寒、大寒、立春、

夏至・冬至・春分・秋分の四つを「二至二分(にしにぶん)」立春・立夏・立秋・立冬の四つを「四立(しりゅう)」と呼びますが、これらの八節気は、天文学的に、春分点を起点として八等分されていて、実際の季節とは、かなりずれがあります。
他の節気は、気候に合わせて名前が付けられていると思われます。

それでも、実際には日本の気候とずれが生じるのは、二十四節気が、古代中国の黄河中流域で発祥したものを、そのまま使っている事が原因ではないかと思います。
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。